野菜や果物の残留農薬を完璧に除去する方法

野菜や果物の残留農薬を完璧に除去する方法
おぞの先生
クマ吾郎は野菜や果物は好きですか?
クマ吾郎
はい、ボクも奥さんも大好きです♪
おぞの先生
なるほど、野菜や果物は栄養価が高いものも多いですから、それはいいことですね! ところで、クマ吾郎の家では、野菜や果物に付着している残留農薬はちゃんと洗っていますか?
クマ吾郎
えっ!? の、の、農薬ですか? スーパーで売られている野菜や果物って、ちゃんと洗わないといけないぐらいそんなにたくさんの農薬が残っているんですか?
おぞの先生
おやおや、クマ吾郎は最近子どもが生まれたこともありますので、そのあたりは特にちゃんと知っておいたほうがいいですよ。
クマ吾郎
あっ、でも、たまに無農薬とか有機野菜って表示されている野菜や果物を買ったりしてます。
おぞの先生
なるほど。では、無農薬野菜と有機野菜の違いも理解しているんですね?
クマ吾郎
無農薬野菜と有機野菜の違い…
おぞの先生
おやおや、その様子では無農薬野菜と有機野菜の違いもちゃんと理解していないようですね。ここでは、野菜や果物の残留農薬や無農薬野菜と有機野菜の違いなどを簡単にご説明しますので、ちゃんと理解してくださいね。

農薬は危険なのか?

農薬は危険なのか?
「農薬は危険なのか?」という質問に対する答えは「オゾンって危険じゃないの?〜危険性と安全性の本質」でも触れているように、「使い方次第」です。世の中には、私たちが日常から利用している便利なものがたくさんありますが、使い方によっては「便利」から一転、「危険」や「危機」につながるものが多くあります。

クマ吾郎
たとえば?
おぞの先生
たとえば、自動車やバイクはとても便利ですが、死亡事故につながることもありますし、ガスコンロのおかげで美味しい料理を作れますが、火傷や火事の原因になることもありますよね。
クマ吾郎
なるほど。

農家さんが野菜や果物を生産し、それが私たちの食卓に届くまで、果たして「農薬」は必要なのでしょうか? 私たちは、農薬を使わずに育てられた野菜や果物だけを口にして生活できないのか? あるいは、そうしたほうが安全なのではないか?

その答えは、スーパーにあります。

あなたの近所のスーパーには無農薬野菜や有機野菜だけが売られているでしょうか? そんなことはありませんよね。きっと、農薬を使って育てられた野菜や果物のほうが多く並べられていると思います。つまり、まだまだ農薬野菜が主流だということです。10年後、20年後の未来では状況は変わっているかもしれませんが、少なくとも現段階では、野菜も農薬も私たちには必要なものであるということです。詳しくは「それでも農薬が必要な理由」で後述いたします。

「農薬」や「残留農薬」と聞くと、いかにも危なそうなイメージですが、実際はそんなことはありません。口にして危険なレベルの農薬は当然使われませんし、輸入品や国産品問わずそこは厳しく管理されています。私たち消費者が土壌(土)や肥料についてまで疑ってしまうともはやキリがありませんので、ここでは野菜や果物の皮や表面の残留農薬に焦点を絞って書いていきたいと思います。

残留農薬の危険性

残留農薬の危険性
リンゴ、セロリ、プチトマト、ブドウは残留農薬が多く、アスパラガス、アボガド、キャベツなどは残留農薬が少ないと知ると、「リンゴやセロリはやめてアスパラガスやキャベツにしよう」と考える人もいるかもしれません。残留農薬が多い少ないという話しは、事情を詳しく知らない人たちを惹きつける良い話題になりそうですが、物事の本質はそこではありません。

いくら法律や規制でその許容範囲が決められているからといっても、それは「薬品」です。しかし、江戸時代に30〜40歳だった平均寿命が男性80.79歳、女性87.05歳にまでなったのもいろんな意味で「薬品」あってこそなのです。

残留農薬の危険性についてここで学術的にご説明することもできますが、私の言葉より、分かりやすく説得力がある言葉をご紹介したいと思います。医師の心得のようなことがまとめられた書籍で、「ドクターズルール」というものがあります。

ドクターズルール

そこにはこう書かれています。

「薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える」
「4種類以上の薬を飲んでいる患者は、医学知識の及ばない危険な状態」

これは特に農薬のことを指していっているわけではありませんが農薬も「薬」であることから、これと同じようなことがいえるでしょう。一度に健康被害になる量を摂取しなくても、それが長い時間をかけて体内に蓄積されていけば、その残留農薬がどのように健康に影響するのかなど、もはや誰にも分からないでしょう。ドクターズルールに書かれたこの言葉は、どのような学術的論文よりも私の頭に今でも印象強く残っている言葉です。

それでも農薬が必要な理由

それでも農薬が必要な理由
もし農薬がなかったら、あるいは農薬を一切使わずに、私たちが暮らそうと思ったら、病害虫や雑草、そして飢えと闘い、数万人レベルの餓死者を出す飢饉が発生するでしょう。(実際、江戸時代にそのようなことがありました)今の時代、「飢饉」と言われても想像しづらいと思いますが、農薬を使わなければ収穫量が半分以下、あるいは3分の1以下になることは容易に想像できると思います。地球上に限りある農耕地や水資源で、安定して食料を生産していくためには、農薬は欠かすことのできない役割を果たしているのです。

農薬・残留農薬はたしかに使い方や摂取量を誤れば私たち消費者に危険な面もあります。しかし、それは使い方、接し方次第でグッとリスクを下げることができます。

野菜や果物の残留農薬を安全かつ確実に除去・洗浄する方法

野菜や果物の表皮・表面には農薬が残っています。これを残留農薬といいます。この残留農薬は水でササッと簡単に洗うだけでは除去できません。そこで、巷では重曹や食材専用の洗剤などを利用し、残留農薬を洗浄によって落とそうと考える人がいます。

しかし、残留農薬は重曹や食材専用の洗剤などでも完璧には落ちません。

また、農薬を洗い落とすために他の「薬品」を使っている人も少なくないようですが、普通に考えて、それは「薬を薬で洗っている」状態なので、その方法自体に疑問が残ります。

残留農薬の除去方法で、もっと安全かつ確実で効率的な方法があります。

それは、殺菌効果がきわめて高いオゾン水で野菜や果物をササッと洗浄することです。しかも、オゾン水は殺菌・消毒が終わると酸素に戻って完全無害化されるのできわめて安全です。

「農薬除去を安全かつ確実に行いたい」という人は少なくありません。今、健康や食の安全性に意識が高い飲食店やご家庭でオゾン水洗浄を取り入れる人たちが急増しています。

クマ吾郎
おぞの先生、でも、それって使い方が難しかったりしないんですか?
おぞの先生
いえいえ、そんなことはありません。桶のようなものに水を入れて、その中にジャポンとオゾン水生成器本体を入れ、スイッチをONにしたらオゾン水ができあがりますので、その中で野菜や果物を洗えば、残留農薬はスッキリほぼ完璧に除去できます。
オゾンバスター使用例

出典元:オゾンマート

クマ吾郎
メンテナンスとか大変だったりしますか?
おぞの先生
それは製品にもよると思いますが、たとえば、オゾンマートのオゾンバスターという製品でしたら、メンテナンスフリーですし、オゾン水濃度は短時間で5ppm(他社製品でここまで高濃度のオゾン水を作れる機械はありません)まで上がります。加えて安心安全設計。業界シェア1位なのでコスパもバツグンです。
クマ吾郎
いくらぐらいで購入できるんですか?
おぞの先生
通常75,600円…
クマ吾郎
そうですよね…そのくらいしますよね…
おぞの先生
…のところ…
クマ吾郎
のところ…
おぞの先生
通常、75,600円のところ、こちらのページからだとキャンペーン価格最安保証で買えますよ! ※キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので予めご了承ください。
クマ吾郎
それ、買います。
おぞの先生
おぉ〜クマ吾郎はオゾンバスターを買う気満々ですね。私の言葉だけではなく、まずはオゾンバスターの口コミ・レビューを覗いてみてはいかがでしょうか? ここまで高性能のオゾン水生成器は他社では絶対にこの価格では購入できませんよ!
クマ吾郎
はい、ボクも自宅で簡単にオゾン水を作れるオゾンバスターをゲットして、家族ともども安全な食生活をおくりたいと思います!

オゾン水で野菜や果物の残留農薬を簡単に除去できるオゾンバスターは本当におすすめですよ♪

無農薬野菜と有機野菜の違い
有機野菜とは、農業の自然循環機能の維持増進を図るために、化学肥料や化学農薬を一切使用せず、自然の力だけで育てた農産物。一方、無農薬野菜は、化学肥料や化学農薬を極力使用せず、自然の力を活かして育てた農産物をいいます。化学肥料や化学農薬の使用度や責任者名などを表示することが義務付けられています。
おすすめオゾン発生器