赤ちゃんのおもちゃ消毒はオゾン水が安心・安全・確実!

赤ちゃんのおもちゃ消毒はオゾン水が安心・安全・確実!
おぞの先生
そういえば、クマ吾郎は赤ちゃんのおもちゃの消毒はどうしていますか?
クマ吾郎
えっ、赤ちゃんのおもちゃの消毒、、、ですか、、、特に何もしてませんが…
おぞの先生
ふむふむ、なるほど。ちなみにそれは何故ですか?
クマ吾郎
あまり神経質になりすぎると、赤ちゃんの雑菌に対する耐性が弱くなったりするって、奥さんが言ってたので…
おぞの先生
なるほど。たしかにそれは一理ありますが、ケースバイケースですね。赤ちゃんはすぐにおもちゃを口に入れたりするため、それが原因で病気になったり感染したり、場合によっては取り返しのつかないことになるケースもあるので、ここで正しい知識と対策を知ってほしいと思います。
クマ吾郎
えっ!そうなんですか?詳しくお願いします、詳しく。

赤ちゃんのおもちゃに潜む危険

赤ちゃんのおもちゃに潜む危険
赤ちゃんは、1歳6ヶ月頃までの間、「食べ物ではないものを口に入れる」という行為をします。赤ちゃんがおもちゃや身の回りの物を「口に入れる」「なめる」のは、この世界を把握して自分の中にインプットするための学習行為ともいえます。その行為自体は絶対的に必要なものであり、その行為すべてをやめさせる必要はありません(むしろ、止めさせるべきではありません)。

だからといって、何でも無条件に「ある程度の雑菌の中で育てたほうがアレルギーに強い子になる」「免疫力の高い子になる」と思っていると取り返しのつかないことになるときもあります。ここでは、正しい知識と対策をお伝えしますので、元気で明るい子育てのお役に立てたら幸いです。

よく言われる虫歯菌もそうですが、多くの感染症が飛沫感染、接触感染によるものです。ですから、赤ちゃん以外の誰か(親や他の赤ちゃんなど)が何かしらの菌を持っていて、そのおもちゃに触れ、そして赤ちゃんがそのおもちゃを口に入れたら感染する可能性があります。もちろん、感染しない可能性もあります。しかし、感染する可能性があると分かっているのであれば、できる限り守ってあげたいですよね。

たとえば、赤ちゃん自身はもともと「虫歯菌」を持っていません。大人が持っている虫歯菌が何かしら(キスや同じ箸を使った食事など)の理由で赤ちゃんに移り、その赤ちゃんがおもちゃを口に入れ、唾液がべっとりついたおもちゃを別の赤ちゃんが口の中に入れたら感染する確率はグッと高くなります。(ちなみに、虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。2歳半〜3歳ぐらいまで虫歯菌に感染しなければ虫歯になりにくい体質になるとされています)

病気が流行る時期(秋から冬にかけての乾燥時期など)は特に注意が必要です。何故なら、ウイルスが好む環境は低湿・低温だからです。ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザなどに感染することも十分考えられます。赤ちゃんのおもちゃには、このような危険が潜んでいるということだけはしっかりと覚えておきましょう。

赤ちゃんのおもちゃ消毒おすすめ

赤ちゃんのおもちゃ消毒おすすめ
赤ちゃんのおもちゃを消毒・除菌しようとしたとき、煮沸消毒・薬液消毒・オゾン水による消毒・電子レンジスチーム消毒の4つの方法があります。ただ、おもちゃによっては煮沸消毒や電子レンジスチーム消毒ができないものがあったり、残留性があることから薬液消毒はおすすめしません。特に、アルコール系の商品は使わないことをおすすめします。何故なら、赤ちゃんによっては、アルコールにアレルギー反応を起こしてしまう子もいるからです。

また、食器洗剤や住居用洗剤などには、界面活性剤などの化学薬品が含まれているので、それらの洗剤を使用して、赤ちゃんのおもちゃを洗浄し、十分にふき取らず、洗剤をおもちゃに残すことも長期的にみて、赤ちゃんの健康には百害あって一利なしです。


それでは、赤ちゃんのおもちゃを消毒する方法と、その効果をみていきましょう。

煮沸消毒 効果☆☆

煮沸消毒は家庭で手軽にでき、効果もそれなりにありますが、おもちゃによっては煮沸を利用できないもの(プラスチックの耐熱加工をしていない)も少なくありません。あのおもちゃはOKで、あれはNGなんて面倒ですよね…

薬液消毒 効果☆☆☆

主に、「水◯リットルに◯錠を溶かして〜」という塩素系の薬剤に浸して消毒する方法です。効果はありますが、トータルで考えると4つの中でもっとも費用が掛かることと、塩素臭がネックです。

電子レンジスチーム消毒 効果☆☆

専用のケースや、袋に少量の水と赤ちゃんのおもちゃを入れ、電子レンジで加熱してその蒸気で消毒する方法です。こちらも効果はそれなりにありますが、煮沸消毒と同じく、耐熱加工がされていないおもちゃはNGです。

オゾン水消毒 効果☆☆☆☆☆

殺菌効果が高く、一定時間経過後は酸素に戻り、完全無害化されるオゾン水で消毒する方法です。近年、口コミをもとに一気に拡がり、利用者が急増しています。その理由としては、殺菌効果が高いこと、安全であること、オゾン水生成器があれば手軽に家庭で利用できることなどがあげられます。

薬液消毒はランニングコストとして継続的に費用が掛かりますが、オゾン水生成器の場合、お金が掛かるのは最初だけです。また、オゾン水は赤ちゃんのおもちゃの消毒だけではなく、家庭のさまざまな所(キッチンやお風呂場の排水口、まな板、野菜の農薬除去など)で利用できます。オゾン水で洗ってはいけないおもちゃはありませんので、どのようなおもちゃでも安心して洗えます。赤ちゃんのおもちゃ消毒でもっともおすすめできる方法だといえるでしょう。

クマ吾郎
オゾン水、すごいぃ〜〜
おぞの先生
オゾン水は、子育ての強い味方にもなるので、クマ吾郎も是非試してくださいね!
おすすめオゾン発生器